自動車重量税、別称重量税は国内メーカーの自動車とか海外の車という愛車の国やミニバン、ワゴン車という自動車の形も例外なく、例えば、スズキやボルボ、などにも当たり前に納めることが必要なもののことをいいます。新車を登録する場合または定期的にある車検の場合に支払いが発生する税になります。支払金額はその自動車のウエートによって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」では完全に別の税ですのでしっかり理解して勘違いしないようにしなければなりません。「自動車重量税は自動車のウエートにより」「自動車税というものは総排気量毎に」その金額が変わってきます。それにより買取の時の対応も変わりますから、注意しましょう。自動車を売却するときには支払い済みの金額がいくらあってもその額が還ってくるようなことはないのです。一方で自動車税でしたら、支払った税額を買取額に乗せてくれるような場合がなくはないですが、重量税については上乗せしてくれるといったケースはなかなかないはずです。重量税は車の売却時に支払い済みの税額が残っているからと言って車の買い取り店にてそれが忖度されるケースは少ないです。なので次回の支払い、要は次の車検まで待機して買い取ってもらうということが無駄がないです。車引き取りの時は考慮していただけない重量税でも一定の条件の場合でしたら還付していただける可能性があります。これにあたるのは、次の車検までの期間が残存している車を廃車にしてしまうケースです。つまり抹消登録をした時に残っている車検期間に応じた税金が戻ってきます。ただ、自動車引き取りの時はその中古車が廃車されるのとは違って返ってきません。また所有車の名義を変更してしまった際や、盗難にあった時なども還付してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間がある愛車を売るということは要するに車検の効力が残っている自動車ということになります。その辺りを店側も配慮しますから、重量税の残存期間があればある程度売却額が増えると思います。勿論買取金額は業者次第で変わりますが車検が残っている事実を考慮していただければクルマの買取金額と比較するとそこまで損をするということもありません。

Copyright © 2002 www.beatek.net All Rights Reserved.