民事再生は住宅ローンがある多重の債務に悩むひとを対象として、住宅を手放すことなく経済的に立ち直るための手段として適用されるようになった選択肢です。民事再生は、破産申告とは違って免責不許可となる条件はないために、賭け事などで借金ができたようなときでもこの方法は取れますし破産申告をすれば業務ができなくなるリスクのある資格で仕事をしている人でも民事再生手続きは検討可能です。自己破産では住居を残すわけにはいきませんしその他の選択肢では、やはり元金は返済していくことが必要ですのでマンション等のローンも返しながら支払うことは多くの人にとっては困難だと考えられます。民事再生という処理を選ぶことができれば住宅のローンを除いた負債は相当なお金をカットすることが可能ですので、住宅のローンを払い続けながらそのほかの借り入れ分を返済していくことが可能というわけです。しかしながら、民事再生による解決は任意整理による手続きまたは特定調停といった方法とは違ってある部分だけの借金を除外扱いして処理することは無理ですし、破産申告におけるように借り入れ金そのものが消えてしまうのでもありません。それから、これとは別の債務整理に比べて手続きが複雑で時間が必要ですので、マンション等のローンがあってマンションを手放すわけにはいかないような状況以外で、破産宣告等のそれ以外の方法がとれない際におけるあまり優先したくない手続きと考えるのがいいと思います。

Copyright © 2002 www.beatek.net All Rights Reserved.